弊社商品について

高速3次元回転の仕組みはこちら

動画で3次元高速回転を見る

高速3次元回転の活用により、従来不可能とされた、混合、

ナノ粉砕、ナノ混合、ナノ分散、乳化が可能です。

株式会社ナガオシステムは特許取得3次元ボールミル(3次元リアクター)の高速3次元回転により、従来不可能とされた、ナノ粉砕、ナノ混合、ナノ分散、を解決する未来の回転機器を開発しております。

3次元ボールミル(3次元リアクター)は、次のような悩みを解決します。
・2次元(遊星・転動等)ボールミルで発生する、容器内の物質が容器の壁に張り付いて混ざらない(共回り)といった問題を解決。
・2次元(遊星・転動等)ボールミルで発生する、細かくなった物質が容器の壁に溜まって固まってしまう(凝集・固形化)という問題を解決。
 
これらの問題は、2次元(1軸)ボールミルに直交するもう1つの回転軸を加えて、高速回転をすることで解決します。
本装置は、ジャイロ独楽のように、縦横2つの回転軸を有する装置です。2つの軸の回転を調整することにより容器内のボールと試料が3次元運動するため、容器全体がまんべんなく利用され、超低消費電力で高効率の超低発熱ナノ粉砕、 均一ナノ混合、ナノ分散を実現しています。
 
【3次元ボールミルとしての使い方】
・mm以下の(有機物/無機物)素材をナノ、ミクロンまで(湿式・乾式可)ナノ粉砕を可能にしました。
 
【3次元リアクターとしての使い方】
・比重や粘度の異なる(有機物/無機物)物質で高均一の超低発熱ナノ混合、ナノ分散、乳化(3次元リアクター)が得意。

 

【小型3次元ボールミル (3次元リアクター)PC操作モデル 3DB-80(PC)】

PC制御マニュアル&プログラム運転 モデルあり

 

3次元ボールミル(3次元リアクター)は、ジャイロ独楽のように、縦横2つの回転軸を有するボールミル。二軸の回転を調整することによりボールと試料が3次元方向に運動するため、容器全体を利用した効率良い粉砕・混合・分散・乳化を可能にしました。

★粉砕用としては、「3次元ボールミル」。

★混合、分散、乳化用としては、「3次元リアクター」。

の使用方法が御座います。

【主な特長】

・ナノ粉砕、混合、分散、乳化。

・メカノケミカル反応。

・メカニカルアロイング。

・アモルファス

・乾式非凝集化均一粉砕、混合、分散、乳化。

(3次元的な粉砕や混合は、重力の影響を受けずに凝集化する時間を与えない。)

・粉砕、混合、分散、乳化時の発熱が少ない。

(容器内部壁面の全体に、粉砕用ボールや、粉砕・混合物がぶつかる為、摩擦熱が分散する。)

を実現しました。また、比重や粘性の異なる物質の混合にも効果的。3DB-210よりサイズがコンパクトになったグローブボックス投入可能な分離型小型3次元ボールミル(3次元リアクター)。

製品の仕様については次の通り:

筐体カラー: グレー、ホワイト

寸法:幅 650 mm×奥行 310 mm×高さ 270 mm (扉解放時460mm)

重量:29kg

 

防振ベース:幅 650 mm×奥行 310 mm×高さ 16 mm

重量:25kg

 

 

主軸(上下方向) 回転数:0~600rpm

3次元軸(左右方向) 回転数:0~600rpm 

実質3次元枠回転数:0~1,200rpm

電源:AC100V or 220V ステッピングモーター3.5N・m2台使用

最大消費電力:240W

容器:ジルコニア、アルミナφ80mm球容器(最大処理100ml程度)

φ100mmPE球容器

:金属(S45C、ステンレス、クロム鋼、タングステンカーバイトなど)半球合わせ容器

:他仕様有。

制御: PC制御(マニュアル&プログラム運転)

★商品のデザイン、仕様、外観等は予告なく変更する場合があります。

【中型3次元ボールミル(3次元リアクター) 3DB-210】

PC制御マニュアル&プログラム運転 モデルあり

 

3次元ボールミル(3次元リアクター)は、ジャイロ独楽のように、縦横2つの回転軸を有するボールミル。二軸の回転を調整することによりボールと試料が3次元運動するため、容器全体を利用した効率良い粉砕・混合・分散・乳化を可能にしました。

★粉砕用としては、「3次元ボールミル」。

★混合、分散、乳化用としては、「3次元リアクター」。

の使用方法が御座います。

【主な特長】

・ナノ粉砕、混合、分散、乳化。

・メカノケミカル反応。

・メカニカルアロイング。

・アモルファス

・乾式非凝集化均一粉砕、混合、分散、乳化。

(3次元的な粉砕や混合は、重力の影響を受けずに凝集化する時間を与えない。)

・粉砕、混合、分散、乳化時の発熱が少ない。

(容器内部壁面の全体に、粉砕用ボールや、粉砕・混合物がぶつかる為、摩擦熱が分散する。)

を実現しました。

また、比重や粘性の異なる物質の混合にも効果的。

容器直径は最大時210mm。

製品の仕様については次の通り:

筐体カラー: グレー、ホワイト

寸法:幅 690mm x 奥行 420mm x 高さ 380mm (扉解放時720mm)

重量:36kg

 

防振ベース(オプション): 幅 680mm x 奥行 370mm x 厚み 16mm

重量: 32kg

 

主軸(上下方向) 回転数:0~200rpm 

3次元軸(左右方向) 回転数:0~200rpm 

(主軸+3次元軸回転数=0~400rpm)

可逆運転可能(2次元転動ボールミル及び3次元ボールミル切替可能)

電源:AC100V or 220V,のブラシレスモーター2台使用

容器:φ210mmステンレス鋼製(半)球形容器 

φ170mm PE容器

φ140mmジルコニア(半)球形容器

φ140mmアルミナ(半)球容器

その他容器有。

 

処理量:PEφ170mm容器 約100ml~1,200ml

セラミックス容器 約100ml~500ml

★商品のデザイン、仕様、外観等は予告なく変更する場合があります。

 

上記は小型機ですが、貴社の生産ラインに3次元ボールミルの導入も可能です。

詳細については、弊社へお問い合わせまたは、柿生ラボにてデモンストレーションをご体験ください。

℡ 044-954-4486