三次元ボールミルについて

弊社と三次元ボールミルについて動画でご紹介


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

3次元運動は超低発熱・低消費電力・高均質

有機物と無機物の混合やナノ凝縮粒子の分散も可能です。
したがって従来は不可能とされていた重量や粘土、比重が異なる物質の粉砕・混合・分散を均一にできます。2次元ボールミルと三次元ボールミルを比較すると、次のような大きな特徴があります。

3次元ボールミルの活用例について

3次元ボールミルはあらゆる業界で活用が始まっています。

電気・金属・セラミック・ガラス・科学メーカー

EV自動車・電子製品部品・蓄電池等の再生可能エネルギー事業の高度化のために3次元ボールミルを活用。

塗料メーカー

耐熱性・耐水性・耐蝕性を持つ高機能塗料の開発に3次元ボールミルを活用。インキ、印刷の高度化

製薬メーカー

粉砕が困難であった熱に弱い有機物を粉砕、混合し、新素材や薬剤の開発に3次元ボールミルを活用

弊社実験データについて以下のページに記載しております。

※画像をクリックするとリンク先のページに移行します。

3次元ボールミルによる混合

3 次元ボールミルによるAl25Fe37.5Si37.5のメカニカルアロイング

小型 3 次元ボールミル装置 3DB-80 アルミナのアモルファス試験

ラボでのデモンストレーション

その他3次元ボールミルについての動画

新価値創造展の案内動画

日刊工業新聞社に取材された動画

第15回川崎ものづくりブランド認定企業での動画


お問い合わせは以下のフォームまたはお電話ください。

044-954-4486